カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
ニームとは?
使用方法
分析報告

名前

ユニバーサル・グリーンテクノ株式会社

メモ

ニームの成分「アザディラクチン」と「ニームオイル」は、「人の健康を損なうおそれのないことが明らかであるもの」として、厚生労働省から認定されています。
100%植物由来の防虫忌避材・土壌改良剤で安心・安全な農業を。
ユニバーサル・グリーンテクノは明日の農業を考えます。

■バイオニームTVCM


■ホームページはこちら

※アザディラクチン含有量3,000ppm標準の使用方法)
バイオニーム.TECは印度原産の上質ニームオイルを主要成分とし、当社の独自の処方で生産加工した100%植物源の害虫の忌虫、防除剤であります。ニームは本来、天然殺虫、殺菌剤として高効、無残留、無汚染の特典があり、国連が今世紀最大の贈り物として認めており、約200種類の害虫と色々な病害に効果がありますが、益虫には安全な天然植物環境保護液です。

●使用範囲
野菜、水稲、茶、綿、サトウキビ、カンラン、カリフラワー、キュウリ、コーヒー、ヤシ、花卉、果物の作物(マンゴー、リンゴ、ブドウ、人心果、パイナップル、バナナ、カシュー・ナッツなど)の豆種類(タカの口の豆、リョクトウ、木豆など)の香料の作物(ショウガ、コショウ、タマネギ、ウコンなど)

●基本的な使用法
1.道具は、通常の噴霧器をご使用下さい。
 家庭園芸などで小規模の場合は、ハンドスプレーなどを利用できます。
2.はじめて本品を使用する場合は、散布濃度1,000倍を基本(薄いほう
 での限界値)としてください。
3.散布濃度は、最初、薄めを目安にし、状況に応じて濃いほうで使用
 して下さい。濃度調節をできる点は、化学農薬と全く異なる点です。
 害虫や植物による適合濃度については別表にて揚げてあります。
4.散布する際は、散布液をよく攪拌してください。ハンドスプレーでは、
 散布液の入った容器をよく振って散布してください。
5.散布は、植物全体がまんべんなく湿るぐらいに行ってください。
 ぼた落ちしない程度が最適です。害虫のいる部分だけでなく、
 植物全体、さらには土壌も含めた広範囲での散布が理想的です。

〈使用上の注意〉
・化学農薬との併用は不可。
・酸性製品との混合は避けて下さい。効果が減少します。
・散布液は使い切る量をその都度調合して下さい。散布液を長時間保存
 して使用した場合の効能は保証しかねます。残った散布液は、植物
 (培地)に与えてください。植物にとって養分の補給にもなります。
・散布直後は、バイオニーム特有のにおいがしますが、時間の経過と
 ともに紫外線によって分解され、消失していきます。
・作業後は、顔や手をよく洗ってください。
・道具は必ず手洗いし、一度真水を噴霧してパイプ内やノズルについて
 いる薬液を除き、よく乾燥して片付けて下さい。
・本品は農業支援を目的として製造されており、食用ではありません。
※注意:ニームは高温と紫外線に極めて弱いため冷暗所の保管が最も望ましい。

【バイオニーム.TECの予防的使用法】
散布時期 散布濃度 散布量
(1平方米
当たり)
散布法
育苗期3〜7日毎 750倍〜 200ml 葉面撒布(朝夕2回)
定植(播種)3〜5日前 1,000倍 200ml 土壌潅水
定植(播種)時 1,000倍 200ml 葉面散布
(葉の表裏全体にまんべんなく)
定植(播種)から3日後 1,000倍 200ml 葉面散布
(葉の表裏全体にまんべんなく)
定植(播種)から7日後 1,000倍 200ml 葉面散布
(葉の表裏全体にまんべんなく)
以後1週間おきに1回散布時期 1,000倍
散布濃度
200ml 葉面散布
(葉の表裏全体にまんべんなく)

【バイオニーム.TECの防除的使用法】
●害虫発生初期
散布時期 散布濃度 散布量
(1平方米
当たり)
散布法
1日、2日目 750倍〜
1,000倍
150〜200ml 害虫発生箇所を重点的に全体に散布
3日目 1,000倍 150〜200ml 葉面散布
(葉の裏表全体にまんべんなく)
5日目 1,000倍 150〜200ml 葉面散布
(葉の裏表全体にまんべんなく)
以後1週間に1回 1,000倍 150〜200ml 葉面散布
(葉の裏表全体にまんべんなく)

●害虫発生後期
散布時期 散布濃度 散布量
(1平方米
当たり)
散布法
1日目 750倍 150〜200ml 朝夕2回葉面散布。害虫発生箇所を重点に
3日目 750倍〜
1,000倍
150〜200ml 葉面散布
(葉の裏表全体にまんべんなく)
5日目 750倍〜
1,000倍
150〜200ml 葉面散布
(葉の裏表全体にまんべんなく)
7日目 750倍〜
1,000倍
150〜200ml 葉面散布
(葉の裏表全体にまんべんなく)
以後3〜5日毎 1,000倍〜 150〜200ml 葉面散布
(葉の裏表全体にまんべんなく)

【目的別使用方法】
目 的 野菜花木の
土壌改良
果樹の土壌改良 鉢物の土壌改良 適  用
時 期 定植の10日〜
2週間前
定植の10日〜
2週間前
定植の10日〜
2週間前
使用法 ・定植の約2週間前に元肥として10aあたり4袋(80kg)を土中
 5〜10cm位を目安に全面混和し軽く施してください。
・定植後、30〜45日後に追肥するとより効果が高まります。
・混和できない状況では株元に一握り程度表土施用し、
 レーキなどで軽く施してください。
・施肥後散水すると土壌中にニームケーキが浸透して効果が早まります。
・追肥のタイミングは30〜45日後が目安です。
※注意
備 考
1.発酵熱により土壌中の温度が高くなる場合がありますので、
 定植の約2週間前に圃場に鋤き込んで下さい。
2.施用後しばらくすると白いカビのようなものが発生します。
 これは放線菌(有用な菌)で、微生物の活性化を促し、
 病原菌の繁殖を抑制する働きがあります。
3.バイオニームケーキは肥効性も供え、(N2・PO、5・K1.5)、
 他の資材(有機肥料など)と併用する場合は多投による肥やけや
 栄養過多などにご注意下さい。

〈保管上の注意〉
・本品の保管は、直射日光を避け、6℃〜12℃で保管して下さい。
 (暗所での保管が最も望ましい。)
・幼児や子供、ペット等が触れることができない場所に保管して下さい。
・誤って目に入った場合は、流水でよく水洗いしたうえで医師の診断を
 受けて下さい。
・誤って飲み込んだ場合は水を飲むなどの処置をして下さい。
・本商品は、農業・園芸用です。他の用途には絶対使用しないで下さい。
注:散布後、残った液は作物の根元にまいて下さい。(使い切る)


上質なニームの種を圧縮してニームオイルを抽出するときに出来る絞り粕に独自の製法を加えたものがバイオニーム.ケークで、究極の有機肥料といわれています。チッソ・リン酸・カリの3要素だけではなく、本品の天然成分が作物の生産性を上げ、品質を高めます。バイオニーム.ケークは土壌環境を改良し、センチュウ(根ごぶ線虫や根腐れ線虫等)や土壌害虫がいなくなる環境作りや連作障害を克服する資材として最適な土壌環境作りをお手伝いいたします。

●使用範囲
稲、小麦、綿、果物、野菜、椰子、香料、茶園、ゴルフ場の芝等の栽培等

●基本的な使用法 〜ミニ園芸編〜
鉢またはプランタ−の用土には3%〜5%、(約ひとにぎり位)が目安となります。耕地に利用する際は、土壌の状態や植物の生育状況によって様々にご利用できます。散布したら、なるべく耕地に混ぜるようにします。
寒期の葉菜や地温上昇をはかる場合、地上散布をします。

【バイオニーム.TECの予防的使用法】
対象作物 施用量 摘  要
鉢植物1鉢 スプーン大
0.5〜3杯
4号鉢0.5杯、5号鉢1杯、6号鉢2杯を用土と混合
大型花木庭木 1.5〜2Kg 1株に樹冠下一面または樹冠下外側近くにすきこむ
大型果樹1株 1〜2Kg 樹冠下外側近くにすきこむ、根元に全面散布も良い
野菜・果物 60〜80kg 土中に5〜10cmを混入し、耕運してください。
(10a当り)
60〜80kg

〈使用上の注意〉
・本品は土壌改良資材用に製造されております。(食べられません)
・幼児の手の届かないところに保管してください。
・埴質土壌、酸性土壌、アルカリ性土壌、作目など種類によって
 本品の施用量を適度に調整して下さい。
・本品を地面に露出して、風雨等により流出する事がないよう、
 又土壌中に層を形成しないよう十分に混和して下さい。
・根付け等の際は土壌に散布(混合)後、降雨の後に行ってください。
・本品につきましてご不明な点がございましたら、販売代理店にご相談下さい


木酢液、竹酢液にホタテの貝殻を溶かしてその上にバイオニーム・TECを10%入れて最後にタカノツメエキスを混入した100%天然の農業資材です。
特徴
○PHを中性に近づけた商品です。
○カルシウム分がプラス
○バイオニームの特性がプラス
○タカノツメの特性がプラス
使用方法
(1) はじめて本品を使用する場合は、希釈倍率1,000倍を基本としてください。
(2) 散布濃度は、最初薄目を目安にし、状況に応じて濃いほうで使用して下さい。
(3) 散布液でぬれた状態を長時間保持する為に、夕方曇りで風のない日が理想的です。
(4) 散布は、植物の表、裏まんべんなく湿るぐらいに行ってください。さらに根元や土壌に散布、潅水するとより効果的です。
(5) 化学物質過敏症にも影響を与えません。

使用上の注意
○希釈倍率1000倍を基準として濃すぎないように注意してください。
○竹酢液は酸性ですのでアルカリ性の物との混入は使用できません。
○本品は農業支援を目的として製造されており、食用ではありません。


20kg
連作障害克服材。ヨシ・スゲ等が約7,000年〜12,000年以上堆積した有機質体です。草炭の中でも、母植物がヨシ・スゲ類の草炭の品質はトップクラスと世界中に認められています。大陸の草炭に含まれる腐植酸効果で根張りを良くします。地力の回復、連作障害の回避、肥料の削減、生産品の品質向上にご利用ください。

●用途
「連作障害の克服」「肥料の使用軽減」「地力の回復」「生産物の生育促進」「生産物の品質アップ」等

●使用方法(例)
定植(播種)時 10a当り 4〜5袋
元肥時 10a当り 35〜50袋
植替時 10a当り 15〜20袋
圃場の土壌改良 10a当り 4〜5袋

●成分表
水分 5.4 腐植酸
(フミン酸)
30〜
50%
PH 35.4%
(+−5)
チッ素
(N)
1.1〜
2.5%
CEC
meq/100g
88〜
140m.e.
カリ
(K2O)
0.1%〜

●地力増進法に基づく表示
土壌改良資材
の名称
(泥炭)
土壌改良資材
の種類
(草炭)
輸入者の名称 株式会社 ユニバーサルネットワーク24
輸入者の住所 熊本県熊本市田井島2-7-41
正味量 20キログラム
原 料 中国産草炭
有機物の含有率 35.86〜37.02%
用 途 連作障害の克服
使用方法 施設園芸
(10a当り 40〜50袋)


20kg
野菜も大きく元気に!
スーパー・グアノゴールドの4つの効果
1. 肥料に含まれる有機燐酸含有量が多いため、火山灰などの土壌でも固定化しにくく、根張りを促進させる肥料です。
2. マンゴ・イチゴ・リンゴ等の果樹栽培に使用すると、果樹の色艶が向上し、糖度が上がります。
3. 濃度障害がありません。その為、肥料のやりすぎで花や野菜・草木等を腐らせることがありません。
4. 鉄分と石灰がほどよくまざりあっているので茎が大きくなり、花などの身持ちを促進させます。